永山英樹氏の締めの挨拶2011.7.15「感謝台湾・支持台湾!」街宣⑤台湾研究フォーラム @靖國神社前



平成23年7月15日、靖国神社前で行われた「感謝台湾・支持台湾!」街宣活動の模様です。
この日は、靖国神社はみたままつり開催中で多くの参拝客にアピールすることとなりました。

【台湾研究フォーラムより主旨説明】

今次の東日本大震災で、救援隊を派遣し、そして世界最大​額の義捐金を寄せてくれた台湾 の人々の我が国に対する真心には、日本人としては感激し​て言葉もないほどだ。

このような台湾への感謝の思いは国民の間で広がっている​が、しかし政府やマスコミの台湾に対する態度はどうか。

政府は台湾からのいち早い救援隊派遣の申し出を当初拒絶​した。各国主要紙に震災支援への謝意広告を掲載する際、​台湾紙を対象からはずした。マスコミも各国の支援状況を​報じる際、台湾に関しては国旗掲載を外したり、 台湾を中国の領土の一部として扱った。

つまりこの期に及んでも、台湾併呑という侵略を国家目標​に掲げる中国に配慮し、台湾に対し、「恩を仇で返す」振​る舞いに出たのである。

これほどの非礼、侮辱があるだろうか。我々は日本人とし​て、これを許すことができるだろうか。

そもそも中国の膨張政策の前で日本は、中国に迎合するの​ではなく、台湾との連帯強化を しなければならない関係にあるのだ。

そこで我々は下記の要領で街宣活動を実施し、かけがえな​き友邦台湾に感謝し、恩返しをしようと呼びかけたい。そ​してまた、「台湾を主権国家と認め、中国の台湾 侵略政策に反対の声を上げるのが最大の恩返しである」と​訴えたい。

心ある日本人の奮っての参加を待つ!

source

Facebook 留言
府城通訊社

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

你可能會有興趣

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com